読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湘南国際マラソン2016

f:id:kiku-bon:20161206220950p:plain

一昨年、昨年に続いて3回目の湘南国際マラソンに参加してきた。

昨年に比べると風もなく暖かく、予報によると気温も上がるとのこと。実際、終始好天で暑くて、汗もよくかいた。

練習は明らかに不足。7月のはじめに左ふくらはぎを負傷、肉離れに。それから数ヶ月、治ったかと思って走ると治ってなくて、これを繰り返して、10月にはやや走れるように。満を持して参加した湘南国際対策のLSD25kmを走ったものの、ふくらはぎに加えて左足の付け根とシンスプリントも痛めて、翌日には右脚全体が壊死するんじゃないかと不安も抱いた。それからしばらく練習を休んで、11月下旬のハーフマラソン1ヶ月前となり、これじゃいかんということで、まずは200mのスロージョグとウォークを繰り返すという超低負荷トレーニングで徐々に足の痛みを低下させていった。これがうまくいって、10月末にはおおよそふくらはぎの痛みは出ないようになったが、多少の張りは残っている。

11月3日は予報を覆す好天。湘南国際1ヶ月前ということで30km走を敢行!これがしんどかった。20km越えたあたりでスタミナが途切れ、30kmにはバテバテで到着。ろくに補給を準備しなかったのもよくなかったのだけれど、走りこみ不足は明らか。

とにかく完走、できればサブ4をターゲットとして残りの1ヶ月の練習を積んだ。

スタートでは知り合いに会っていろいろレースプランを話すことができた。なんとなくレースのイメージができていいスタートが切れたような気がする。サンキューTさん。

最初の10kmは50分ちょうど。あれ、サブ3.5を達成した昨年より早いぞ?20km、30kmは49分、48分とほぼイーブンペースで西湘バイパスにたどり着いたところで脚が乳酸でパンパンになり、ほぼ限界に。のこり約10km、歩いたり足を攣ったりで、サブ3.5は早々に諦めて、西湘バイパスからの海の眺めと沿道のスタッフや応援の人たちとのやり取りを楽しみながら気を紛らして、脚の具合がよくなれば少しは走って。残り2kmはなんだか調子が戻って、キロ5分半ぐらいで走ることができたし、ゴール手前の坂を上ってからは力を振り絞ってダッシュ。

 

うん。なかなかいいレースだった。西湘バイパスに入る32kmぐらいまではあっという間、すごい快適に走ることができたし。少し暑いぐらいが気持ちのいい汗が流れていい気分。今回はそれほど記録にこだわってなかったから歩いたりするのも気持ち的には楽だった。

湘南国際。これを走ればもう年末。季節の目印として来年もまた走ろうか。