読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語 中東の歴史/牟田口義郎

本を読むこと

 

物語 中東の歴史―オリエント5000年の光芒 (中公新書)

物語 中東の歴史―オリエント5000年の光芒 (中公新書)

 

 

人並みに世界情勢などを気にする社会人としては、やっぱりシリアやウルグアイパレスティナISISのニュースは気になる。なんでこんなことになるんだろう?と。

少し中世の西洋史も好きだったりするので、これらの地域がかつてオスマントルコ帝国の支配地域だったりすることも気になっていた。

だいたい19世紀以前はどこも似たように野蛮で残酷な話で一杯なわけで、かつての中東地域もイスラム国家により支配されていて、戦いに明け暮れて暗殺や裏切り、謀略が渦巻いていて。そう考えると今日のISISの動きも、かつての中東地域の勢力争いが続いているのだなーって思えてくる。

第一次大戦オスマントルコが解体され、続く大戦で資本主義対共産主義の構造が導き出された。その構造、冷戦が崩壊して時間が逆回りになったかのように中東地域イスラム国家建設の動きが現れている、と考えると、いろいろと腑に落ちるような気がする。ロシアの動きもこの逆回りの一環ではないだろうか。アメリカが国内にこもりがちなのも、モンロー主義を思い起こさせる。

奇しくも今年は第一次大戦勃発から100周年。この大戦を知ることが現代の世界情勢を理解するうえで必要なように感じられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GPSウォッチを購入

走ること

3月の板橋マラソンで足のけいれんに悩まされた反省として、長距離ランにできるだけ取り組もうという結論となった。それに基づいて、川崎市内の自宅から

観音崎公園 - 神奈川県ホームページまでのラン、横須賀ヴェルニー公園/三笠公園から三崎港までのラン、二度の40kmオーバーの距離を走ってみた。

走ってみて一番の問題は・・・・iPhoneのバッテリーがもたないことだった。

せっかくの長距離ラン、珍しいものやキレイな風景がたくさんあって、写真もバンバン撮りたいところ。しかしバッテリーが心配でほとんど撮れなかった。かといってカメラを持っていくのは走るのに邪魔。

ということで、GPSウォッチがどうしても必要ってことで、ガーミンを購入。

f:id:kiku-bon:20140829215544j:plain

携帯用ハンディGPSナビゲーターのトップシェアを誇るGARMIN(ガーミン)の正規代理店いいよねっと ForeAthlete220J BlackRed

まだ設定とか使い方は把握してない。それはともかく、早く長距離ランにでかけたいのだ。

 

足のけいれん

走ること

人生初のフルマラソンは今年3月の板橋シティマラソン。河川敷を走るのにどこがシティじゃっ!

大胆にもサブ3.5を狙いつつ、前半は気持ち抑え目で、それでも1時間42分ぐらいで半分を通過。これならいけると思った矢先、足のけいれんが頻発して止まっては走り、走っては止まるという展開に。後半は前半のプラス30分で2時間15分ほど。フルタイムで3時間57分とぎりぎりサブ4は達成したものの、足のけいれんはトラウマ状態に。

で、今日のスポーツニュースに気になる記事。

東京新聞:伊藤が全米初勝利 テニス 全米オープン:スポーツ(TOKYO Web)

“けいれんに悩まされた過去の経験も生かし、小まめに水分を補給し「笑うこと」でリラックスしたプレーを心掛けたという。「硬くなると筋肉も緊張しちゃうから」”

なるほど。次は走りながら笑おう。

 

亜玖夢博士の経済入門/橘玲

本を読むこと

目次に「行動経済学」や「囚人のジレンマ」といったタイトルが並んでいるので、まぁ、ゲーム理論関連の一般常識がわかりやすく解説されているんだろうな、という先入観で読み始めたところ、なかなかエンターテイメントなストーリーを展開していたので少しびっくり。良い意味で。

亜玖夢博士の経済入門

亜玖夢博士の経済入門

 

 実際にストーリーとタイトルの内容が整合しているかというとそういう訳でもなかったりする。そんなことは気にせずに読むのが正解。

フラニーとズーイ/サリンジャー/村上春樹訳

本を読むこと

8/25に村上春樹がイベントでしゃべったそうだ。

村上春樹さん「創作は地下室に入るよう」 英イベントで:朝日新聞デジタル

「心の中の地下室」って中二病的なものがたくさん滞留しているイメージ。

中二病的なものっていうのが簡単に言えば生き辛さの感触のようなものであるとすると、それを心の中の地下室から取り出してきて言葉で表現するというプロセスが村上春樹の小説を形作っているのだろう。

フラニーとズーイ」もそのまま「心の中の地下室」に滞留している生き辛さの感触をテーマにしたもの。宗教的な議論がうっとおしいけれども、村上春樹ワールドに通じるものが多々あって、それはそれで興味深い。

村上春樹の解説によれば、この作品は内容よりも文体を味わいが美点だという。文体。うーん、そこのところはピンとこない、よくわからないな。

 

フラニーとズーイ (新潮文庫)

フラニーとズーイ (新潮文庫)

 

 

多摩川24kmラン

走ること

 振替休日で早朝から少し長めのラン。

8月上旬に椎間板ヘルニアによる腰痛が発症(年に1~2回はある)したため5kmを大きく越えるランはとても久しぶり。腰の調子を見るためにもややユックリのつもりが、結局イーブンペースで走ってしまった。

f:id:kiku-bon:20140826215814p:plain

24.52km/2:12:19/5.23分/km

 

ランニングウォッチを買いたい件

走ること

ランニングウォッチを買いたい、GPS機能付のものを。

 

これまで何回か40km以上の長距離ランニングを敢行してきた。自宅から観音崎とか、横須賀ヴェルニー公園から三崎港など。その際、いつものランと同じくiPhoneのランニングアプリ、Runtasticを使用して時間計測やランニングコースの記録を行ったのだが、いずれのケースでも最終的にバッテリーが切れてしまったのだ。

めったに走れないコースであるし、海沿いやスイカ畑の中を走るのであるから、写真もバンバン撮りたいのだが、バッテリーが気になってほとんど撮影はできない。

となるとやはり、8時間程度のバッテリーをもつGPSウォッチが必要となるのである。

ランニングショップで聞いてきた。

基本的に、ガーミンとエプソンがお勧めとのこと。であるが、ほとんどガーミンのお話であった。廉価版は15Jがあるが、視認性やカスタマイズ性、カラー表示やバイブレーション機能などなどをかんがみるに、220J一択やろ。

内規のGPSウォッチもあったけど、これはこのウォッチ専用の管理ソフトウェアがPCの環境によってはインストールできないとのこと。結構、そのケースが多いらしい。

ということで、220Jで。後は予算を。