ハワイアン航空

www.hawaiianairlines.co.jp

 

ハワイ旅行に利用したのはハワイアン航空。まぁHISから単に割り当てられたのだけど。

ハワイアン航空の何が良かったかといえば、MAUI BEERが飲めること。運が良ければおかわりもできる。

Discover Our Beer – Maui Brewing Company

ワイキキにマウイビールのバーがあったんだけど、小6息子連れだとなかなか行けなくて、ちょっと残念。

ハワイ旅行 2017

f:id:kiku-bon:20170814223359j:plain

先週、休みをとってハワイへ。小6の息子と二人旅。アラフィフにして初のハワイ。

これまでに南国のビーチリゾートはいくつか訪れている。沖縄とか小笠原、タイ、フィリピン、タヒチ。そのいずれとも異なるのは、空気がカラッとしているところ。海辺に居ても街なかに居ても、湿気が驚くほど感じられない。日が高い昼間でも日陰を選んで歩けば汗もかかない程。これは快適だ。ビールを飲んでも汗をかかない。

それを除くとやや期待はずれだったかな。海はキレイだけど透明度がよいわけでも魚が多いわけでもない。ビーチもホテルも街なかも日本人が多くて異国情緒も薄い。特段買い物好きでもないからその方面での楽しみない。食事も取り立ててどうということもない。量が多いのは良いのか悪いのか。付け加えて物価も高い(円安だからか?)

 

ノースショアとか他の島へ行けばまた違った感じなのだろうけど、ビーチリゾートなら沖縄のほうがいいなー。

 

7月ランニング状況

7月のランニング状況が200kmを越えてきた。

3月の三浦ハーフでシーズンを終えて、仕事の繁忙期である年度末・年度初は少しお休み。5月はゴールデンウィークで稼いだ感じ。6月は簿記試験の受験もあってペースを落とした。7月に入って有休消化で休みもとれたのでグッと距離を踏んでいる。

4月 86km

5月 182km

6月 146km

7月 218km(28日現在)

ただ、足の疲労が徐々に蓄積されているような気もする。気温が高いのでどうしてもLSD中心のランニングとなり、スピードが落ちているような気もする。歳のせいかスタミナもなんだか。

昨年は7月にやった肉離れが10月まで長引いて、結局不本意なシーズンとなってしまった。一昨年は湘南でPB、サブ3.5を達成できたが、8月の月間260kmの疲れが秋まで響いたよな気もする。

怪我なく7月をこなせたので、それはよしとするとして、8月の練習方針をどうするか考えないといけないな。

この辺の本でも読んでみようかと。 

 

ランニングのリカバリにプロテインを導入

夏である。暑い。ゆっくり、キロ6分で走っても3時間も走るとかなりのダメージが身体に残る。

まずはアミノバイタルを導入してみたところ効果が感じられたのは前回の記事の通り。

kiku-bon.hatenablog.com

これにプロテインも加えることでさらなるリカバリをはかることにした。

購入したのは、DNS ACTIVEホエイプロテイン イチゴ味。

DNS ACTIVEホエイプロイテイン/ストロベリー風味 | 栄養が支えるパフォーマンス【DNS】スポーツ / サプリメント

なぜこれかというと、まぁ近所の薬局(サンドラッグ)においてあったというのが大きい。ザ○スやウ○ダーなどよりは効きそうだし。

ということでアミノバイタルプロテインリカバリー用に導入。使い分けとしては、

という感じ。30km走の場合は、銭湯での水風呂リカバリーも実施する。これで身体の外側/内側の両方のリカバリができる。

実際にプロテインを飲んだみたところ、翌日に残る疲れは明確に抑制できていると感じる。また、練習後は喉が乾いてやたら冷たい飲料を取ることが多く、その結果として軽く腹を壊すことが多かったのだが、それがまったくなくなる。ダメージを受けた内蔵に届いたアミノ酸プロテインが内臓の損傷を修復することによる効果なのだろうか。

その一方、若干、便秘気味になったような気もする。これも前向きに考えれば、内臓が修復されたことにより内蔵の吸収効率が向上したのかもしれない。結果オーライ。

ただ、体重を落とす狙いは今ひとつ達成できていないのだが。

秋のレースに向けてこの夏は走り込む夏にしたい。そのためには迅速なリカバリが必要。引き続きアミノバイタルプロテイン&水風呂で身体の疲労のリカバリを図っていく。

ランニングのリカバリーにアミノ酸を試してみた

runnet.jp

ランナーズで30kmの特集があって、影響されやすい自分はすぐさまやってみることにしたのだけど、ちょうど日々の気温が30度を超えてくる時期にあたってしまった。

多少、暑くても昔はそれほどキツいとは感じなかったのだけど、最近は暑さのダメージによる疲労感が強くかつ長く残るようになってしまった。筋肉的には銭湯の水風呂を利用することでだいぶ解決したと思うのだけど、内蔵の疲労感が抜けづらい感覚がある。練習後はお腹こわしちゃうし。うぇ。

リカバリー、やっぱり大事だ。

ということでいろいろ調べてみると、リカバリーにはやはりアミノ酸プロテインの摂取が良いようである。

アミノバイタルって効果あるの?プロ,ゴールドの比較も【練習後がおすすめ】 | NANA's ESCAPISM

ということなので、まずはアミノバイタルを導入。

www.amazon.co.jp

練習後の摂取を数回試してみたところ、良い感じ。胃腸がシャンとしている感覚がある。季節柄、練習後に水分を多くとりがちだけど、それでも内臓の状態はノーマルでだるくもならない。これはいいや。

近日中にはプロテインも導入してみるつもり。

 

多摩川~駒沢公園~多摩川

7/8、土曜日は早朝から暑かった。

f:id:kiku-bon:20170709094326p:plain

早朝、6時前ごろ自宅近くをスタート。多摩川をのぼり二子玉川を経由して駒沢通りを駒沢公園まで。何周かしてから目黒通りに出て多摩川へ。丸子橋を渡って少し綱島街道を走って最初のセブンイレブンで終了。28km。最後はバテバテだったので新丸子から定期券で帰宅。

駒沢公園は1年ぶりぐらいか。6時半までに到着すればラジオ体操ができるのだけど到着は6時50分ぐらい。残念。河川敷や土手とは違って木陰が多いので、少し涼しく走れる。ランナーも多いので、気分もよい。

帰りは目黒通りを利用。思ったより多摩川の二子玉よりに出たのでちょっとゲンナリ。とりあえず東横線まで出ようと頑張って、新丸子で終了する。

いったん帰宅して銭湯へ。水風呂を使うと筋肉の火照りがだいぶ軽減される気がする。自宅シャワーじゃ無理だな。筋肉的なケアは銭湯でOKなんだけど、内臓のダメージが残っている気がする。やっぱりプロテインとかアミノ酸が必要かな。

多摩川ランニング

 

先日、平日お休みの午前中、多摩川ラン。

f:id:kiku-bon:20170707211433p:plain

自宅から等々力競技場を抜けて多摩川の土手に出る。上流へ向かって走りはじめると既に汗が。台風が抜けた翌朝、気温はやや下がっていたけど、湿度は高め。二子橋を越えてさらに上流、多摩川高校、稲田中を過ぎて登戸、東京都側へ渡る橋は「多摩川水道橋」という。そういえばそんな名前だったな。橋を渡ってからは下流へ。徐々に気温も上がってきたかな。二子多摩への途中にリコーのラグビーグラウンドがある。サンウルヴスに参加している松橋選手はいい選手だよね。

二子多摩で少し休憩・水分補給。水分補給は最初からやんないと駄目だな。バテる。

丸子橋で川崎サイドに戻り、等々力競技場を抜けて自宅近くのゴールまで。約28km。

暑さと湿度でペースは上がらんなあ。あと、水分補給はスタート直後からやんないと駄目だ、ノドが渇いてからだと手遅れってのは常識っすよね。